人 文図書室利用規則

茨 城大学人文学部人文図書室

last update:2009.5.22

[HOME]

                                                        茨城大学人文学部学術委員会

 人文図書室は、人文学部が独自に設けている学部図書室です。図書館の分室ではありませんが、その機能を補うとともに、人文・社会・コミュニケ−ション系分野の諸学に関する、主として専門的参考図書(書 誌・目録類・各種事典・辞典・年鑑など)、雑誌、地域資料などをできるだけ多数集めている教員・学生用の共同図書室で、学外者も利用できます。
 なお、視聴覚資料の利用規則パソコンルームの利用規則については別 に定めます。

1、開室時間   月曜 日〜金曜日 8:30〜18:00
    (授業のない日は17:15に閉室することがあります。)

2、休室日      土・日曜日、国民の祝日および夏季休業、冬季一斉休業期間。
           なお、臨時に閉室する場合は掲示などでお知らせします。

3、利用資格   

 本学の教職員、院生、学生、外国人研究者ならび に学術委員会委員長の許可を得た者。

4、 図書および雑誌の貸出し

 1) 学内者
    本学の教職員、および貸出し登録を行い「利用者カード」を交付された本学の院生、学生、外国人研究者は、禁帯出以外の下記の図書および雑誌の貸出 しを行います。コピ−のため、一時資料を図書室外に帯出をする場合には、「利用者カード」(または学生証)を預かります。

 2) 学外者
    学術にかかわる研究・調査を目的とされる18歳以上の方であれば利用することができます。ただし、高校生は原則として利用できません。
    入室の際には、住所・氏名など確認できるもの(身分証明書、運転免許証など)を持参の上、カウンターで手続きをして下さい。
    資料の図書室外貸出を 希望される方は「学外者人文図書室利用願」に記入して下さい。なお、図書室外貸出は原則として近隣の方に限ります。
    貸出できる資料は禁帯出・社会科教育法教材、公務員関係問題集、法学検定関係資料以外の図書です。未製本雑誌は貸出できません。
    他にも図書室の事情によっては貸出できない場合がありますので、カウンターでお尋ね下さい。コピーのため資 料を一時帯出する場合は、身分証明書を預かります。

貸出できる資料、冊数、期間

利 用者 資 料 冊 数 期 間
 本学教職員、院生
 および外国人研究者
 図書、製本雑誌 5冊 1ヶ月
 未製本雑誌 5冊 1週間
 視聴覚資料  2点 1週間
  本学学生  図書、製本雑誌 3冊 2週間
 視聴覚資料 2点 1週間
  学外者  図書、製本雑誌  2冊 2週間

 注1) 禁帯出の資料は参考図書、新着購入雑誌の一部、新聞、および寄贈図書類、その他特 に定めるものです。

 注2) 社会科教育法の教材、公務員関係問題集、法学検定関係資料は上記の貸出しとは別に、それぞれ1度に3冊までを1週間貸出します。
     なお、学外者には原則としてお貸しできません。

 注3) 本学学生が卒業研究用として利用するときは、別に期間を延長することもできます。 ただし、他の学内利用者から利用申し出があった場合、期間を短縮して返却を求めることがあります。

 注4) 視聴覚資料とはビデオ・LD・DVD(映像)等です。貸出できるのは、著作権処理済のものに限ります。それ以外は図書室内での視聴のみです。なお、本学の教員が授業で使用する場合は貸出本数・期間を変更することがあります。

6、貸出し資料の延滞、紛失など

  期限内に返却しない場合は、利用者名と資料名を掲示板に掲示しま す。利用者は、資料を汚損、破損または紛失した場合は、原則として同一の資料を弁償しなければなりません。
  利用のル−ルを守らない場合は、利用を停止することもあります。                                                                     以上


昭和59年 7月 2日施行
平成元年 6月28日改正
平成 3年12月18日改正
平成 4年 5月13日改正
平成 9年10月 1日改正
平成12年 4月19日改正
平成12年 5月24日改正
平成16年 4月01日改正
平成17年 7月27日改正
平成19年 4月4日改正
平成21年 4月8日改正